ニートの末路

ニートの末路まとめ!悲惨...

2017/07/16

想定できるニートの末路を全てお伝えします。

悲惨な人生を送らないためにも、あらゆる事態を想定しておきましょう。

以下、ニートの末路まとめです。

スポンサーリンク

ニートの末路まとめ

社会復帰

一度落ちたからといってニートが社会復帰できないとは限りません。

むしろ社会復帰こそニートとして最高の末路でしょう。

厚生労働省発表のデータによると、社会復帰できた割合は以下の通りです。

「就業にいたった」者は43.5%、「求職中など」が23.0%で、在塾中に「就業できなかった」者が33.5%いる。

そしてその「就業にいたった」層の雇用形態は次の通りです。

「正社員」19.1%、「アルバイト」49.4%、 「契約社員・臨時社員など」21.9%であった。

このように就業を希望するニートの末路として最も可能性が高いのはアルバイトということができます。

多くのニートがまずはアルバイトからと社会復帰していくのでしょう。

高学歴ニートは正社員に

ニートから正社員になれる確率が低くて残念に感じた人もいるでしょう。

ただしこれは大卒などの高学歴者には当てはまりません。

学歴別には、低学歴ほど非求職無業者または求職者のままとどまる比率が高く、高学歴ほど正社員移行者が多い。この傾向自体は 2007 年調査の分析でも同様にみられたが、2007 年 調査に比べて高学歴者が非求職無業者としてとどまる比率は高まっている。

高学歴ニートは正社員移行の確率が高くなります。

大卒ニートの3割が1年かけて正社員に移行しているとのこと。

もちろんそれでも油断は禁物です。

なぜなら大卒ニートの多くは、最初から正社員願望が強くまたニート期間も短いからです。

すなわち大卒だから決まりやすいというわけではなく、単純に意識の高さの問題とも言えるでしょう。

一生ニート

次に想定できるのが、一生ニートです。

しかし最初に断言しておくと、一生ニートでいられることはほぼ不可能と思った方がいいでしょう。

理由は後述します。

もっともニートは一度ハマると抜け出せません

以下、独立行政法人 労働政策研究・研修機構のデータを見てもそれは明らかです。

就業経験のある非求職無業者の前職離職時期 
  2009年以前 2010年 2011年 2012年
男性  45.8% 12.9% 14.1% 22.6%
女性 38.8% 10.8% 18.0% 27.5%

このデータが示すのは3年以上ニートを続けている人の多さです。

特にニート経験と年齢は比例していますから、やはり年齢が高くなるほど脱ニートは難しくなると言えます。

ニートは生活保護を受けられない

先ほど一生ニートはありえないと言いました。

それはニートが生活保護を受けるのは難しいからです。

仮にニートで資産がなかったとしても「働くことが不可能である」と証明できなければ、基本原則として生活保護は受けられません。

というわけで親が死んだら生活保護を受けるというのはあまり現実的ではないでしょう。

ホームレス

むしろホームレスは生活保護を受けたくないといいます。

統計によると、45.9%のホームレスが生活保護を受けたくないそうです。 

その理由は主に、自立支援センターや更生施設での集団生活が嫌だからとのこと。

なお、ホームレスとニートの共通点は非常に被ります。

そういう意味でも生活保護を受けれなかったニートはホームレスまっしぐらということができるでしょう。

病気やケガ

そしてニートもホームレスも働かない理由として目立つのが「病気やケガ」です。

部屋にこもって運動しない分、ニートは病気やケガになりやすいと言えるでしょう。

もし病気や怪我を患ってしまうと働きたくても働けない状態に陥ります。

まさにそれこそニート期間が長期化する原因です。

先ほども言いましたが、ニートは長引けば長引くほど社会復帰できなくなってしまいます。

また「病気やケガ」はニートが就職を希望しない理由No.1です。

というわけでニートは病気やケガをするまでが勝負といっても過言ではないでしょう。

万が一、病気やケガになってしまうと雲行きは怪しいです。

ニートは孤独死しない

ニートは孤独死しません。

基本的にニートには親が必須で孤独ではないからです。

またニートには友達もいます。

そういう意味でもニートは孤独ですが、孤独死はほとんどありえないでしょう。

しかし一つだけ懸念しなければならないことがあります。

それは自殺です。

無職者の自殺は非常に多いとされています。

同年代の自殺者数と比べても無職者の自殺率ははるかに高いです。

ちなみに2014年における若年無業者の自殺数は延べ2,500人。

対して、2014年時点のニートの人口は約560,000人です。

つまりニートのうち約222人に1人が自ら命を絶っているということになります。

この死こそまさにニートにとって最悪の結末です。

この状態になる前に、絶対に脱ニートしましょう。

働くことでいかなる欲求も高まります。

ニートは結婚できない

また最終手段として結婚を考えるニートの方もいます。

しかしニートの結婚はあまり現実的ではありません。

そもそもニート自体は結婚願望が低いですし、ニートと好んで結婚したがる人なんて皆無だからです。

結婚は双方にメリットがなければできるものではありません。

ニートと結婚するメリットはどこにもないでしょう。

個人的にもニートとは結婚したいと思えません。

ニートと結婚するのはリスクが高すぎるのです。

そういう意味でも結婚するなら正社員になることをおすすめします。

正社員が一番結婚率も高いですから。

スポンサーリンク

元大卒ニートの末路

パチンコ三昧

私自身、元大卒ニートです。

一度新卒で就職し、挫折し、会社を半年足らずで退職しています。

退職してからも絶対に社会では働きたくなかったので、金を稼ごうと毎日パチンコ三昧でした。

しかしそんな毎日が続くわけもなく気がついたら、奨学金、車のローン、リボ払いだけが残る始末です。

その期間3か月。

この時初めて「やばいな」と思い、アルバイトを始めました。

お金がなくてよかった

お金を使いまくってしまったのはある意味、自分にとってはラッキーでした。

お金がなくならなければ、バイトですら働くこともなかったでしょうから。

あれから3年間経ちますが、おそらくお金があれば今もニートのままでしょう。

借金があったのもラッキーです。

返す借金がなければ実家暮らしですし、別にお金だって必要ありません。

借金があったからこそ、働く気にもなれました。

そして親が特別金持ちでなかったことも自分にとっては幸いです。

親が借金を返してくれるなら、今もきっと働いていないでしょうから。

明日はあなたがニート

見ての通り、私はダメ人間です。

ニートになるべくしてニートになった社会不適合者とも言えるでしょう。

しかし大学に通っている時は、自分がニートになるだなんて全く思いもしませんでした。

そういう意味でもいつ誰がニートになるかは一切わかりません。

きっかけさえあれば誰だってニートになります。

明日はあなたがニートになる番です。

大卒ニートの今

そんな私は今、アルバイトを辞め再びニート生活に戻りました。

ただ以前までのニートと違うのは収入があるという点です。

主に執筆業を営んでおり、今もヒソヒソと部屋の中で書き続けています。

それが私のニートとしての末路。

しかし、執筆という仕事は何といっても不安定です。

いつ仕事がなくなるかもわかりません。

そういう意味でも悲惨なエンディングを迎えるかもしれないでしょう。

もし自分の人生がやり直せたら、私は正社員であり続けます。

もはや正社員になれるメンタルは残されていないのです。

このようなニートの末路を少しでも減らすべく、私はこうやって文章にしています。

ニートの皆さんが悲惨な人生を辿らないように。

もし会社を辞めた後に時間を戻せるなら、私はアルバイトではなく、就職を選びます。

とても後悔していますし、こんなにも簡単に就職できるなんて知りませんでしたから。

スポンサーリンク

-ニートの末路

関連記事

高学歴ニートの末路!就職できるの?

昨今よく聞く高学歴ニート。 私も大卒という意味では、一種の高学歴ニートだったのか ...

ニートの末路は孤独死!?

ニートは最悪孤独死するのではないでしょうか。 これぞ人間的に最も恐ろしい末路と言 ...

ニートの末路!一生ニートはあり得るのか

ニートは生活保護を基本的に受けれません。 ということで一生ニートはほぼありえない ...

ニートの末路!病気とケガに注意しよう

ニートの末路として注意しなければならないのが、病気と怪我です。 最終的な成り果て ...

ニートの末路!親が死んだら一生孤独!生活保護は受けられない

「いつまでもあると思うな親と金」 という諺はニートだからこそ、噛み締めておきたい ...

おすすめのニート脱出方法

まずはお気軽にご相談を