ニートの原因

ニートの原因まとめ!対策は?

2017/07/16

考えられるニートの原因をまとめます。

原因を知れば対策だって、改善だってできてしまうでしょう。

スポンサーリンク

ニートの原因 考察

プライドが高い

そもそもの問題でニートはプライドの高い傾向があります。

「自分が正しい」と思い切っているからこそ、周りとの関係でトラブルに発展することも珍しくありません。

またプライドが高いゆえに、仕事を選り好みしてしまう可能性もあるでしょう。

職が見つからないうちはいつまでたってもニートです。

優しい人間ほどニートになる

プライドが高いということで、基本的にニートは優しいです。

ニートは自意識が強いので、「他人に嫌われたくない」という一心が「他人を傷つけまい」と努力します。

もちろん全ては自分のためなのですが、「他人を傷つけない」という結果的に優しいと言えるでしょう。

ただあまりにも他人の目を気にしすぎるがゆえに、今度は自分自身が疲弊してしまうのは目に見えています。

こうしてだんだんと疲れ果てていき、やがてはニートになるのです。

このことから、ニートは言い換えるならば自分にも他人にも優しい人間ということができます。

これぞニートが甘いと言われてしまう所以でしょう。

他人にも自分にも甘いことほど楽なことはないのですから。

スポンサーリンク

厚生労働省の調査研究からわかるニートの原因

これまではあくまでも私自身の考察でしたが、ここからご紹介するのは厚労省のデータから見て取れるニートの原因です。

<参照:ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書

親や家庭環境

ニートの原因として親や家庭環境に問題があることは少なくありません。

経済的な観点からいくと、以下のような指摘があります。

家庭の経済水準との関係では、経済水準が低いほどニートの状態にある若者の数が多い(小杉礼子編『フリーター とニート』勁草書房、2005年)。

フリーター、失業者、ニートを比較すると、 ニートの状態にある若者の学歴、家庭の経済水準がもっとも低い。

 一般のイメージでは裕福な家庭の子がニートになるイメージですが、実態は真逆です。

なんでも裕福な家庭の子がニートになっていたのはこの調査よりもはるか前とのこと。

しかしよくよく考えてみたら裕福な子は教育水準が高いので、そのままエスカレートで就職することの方が多いでしょう。

ニート=金持ちは全くもって幻想です。

また経済的な観点以外にも原因はあります。

ニートの状態にある若者の家庭は、親に意識・情報・ 経済力が不足している例が少なくないと予想される。

子どもが困難を抱えている場合、親子共に社会的に孤立していることが多い。したがって若者本人に対してだけでなく、親へのセミナー、相談などを重視している機関も少なくない。 親子関係の改善が子どもの立ち直りにつながることも指摘されている。

こらら指摘から見てれるのは親と子の関係性です。

親と子の関係性が希薄なほど、子はニートになりやすいと言えるでしょう。

まず第一に親が社会的に孤立している場合、子にまで関心がいかないことが考えられます。

自分で精一杯ですから。

そして自分の悩みだけでも精一杯なのに、今度は子供が悩みの種となり苦悩させられます。

これで、親と子の関係が悪化していかない方が難しいでしょう。

いずれにせよ、ニートを持つ家庭は親子共に大きな悩みを抱えていると言えます。

学歴

先ほどもちらっとありましたが、ニートの学歴は基本的に低い傾向があります。 

以下ニートと学歴の相関を表すデータです。

Neet gakureki

<参照:若年無業者に関する調査(中間報告)

いわゆるニートと呼ばれるのは「非求職型」と「非希望型」になります。

前者は希望しているにも関わらず求職活動を行っていない層で、後者はそもそも希望すらない層です。

「非求職型」の中卒率は23.9%。

「非希望型」の中卒率は28.6%。

日本全体の中卒率は7.8%です。

この数字から見ても分かる通り、ニートは中卒率が非常に高いと言えます。

なお日本における中卒者の多くが高校中退者なのですが、なぜ途中で挫折してしまうのでしょうか。

次のようなデータがあります。

「学校でいじめられた経験者は55%と高い数値を示している」

すなわちいじめによって中退を余儀なくされてしまった人の半数がニートになってしまうというわけです。

いじめ、学歴、ニートにはそれぞれ深い因果関係があると言えるでしょう。

ニートは欲がない

また同調査研究に興味深いデータがあります。

全般的に「生きていく」という意味での基本的欲求が希薄であるという印象を受けた点が非常に興味深い。具体的には、自分の得た収入の使用 目的を問われた際に、「特に買いたい物がない、取りあえず貯金する」と回答したり、これからの人生設計を問われた際も「今はさきのことを考えていない」と言うように、この年代の若者に見られるようなモノヘの欲求とか、将来への希望(野望)とかが希薄な点である。

これを一言で表すと、ニートは無欲と言えます。

逆に無欲だからこそニートになってしまうと言い換えることもできるでしょう。

さらには物欲だけでなく、異性にも関心がないと言われています。

欲求の希薄さと関連するのが、年齢相応の「セクシュアリティ」のなさである。 実際に彼らと対面していての体温感覚として、男女問わず、もっとも異性について関心・興 味、願望が強い年齢層であるのにもかかわらず、全般的に彼らからは「セクシュアリテイ」 というニュアンスが感じられなかった。それは性的な感情の抑圧といよりは、やはり希薄であるという印象であった。

ニートの無欲さの問題は根深そうです。

人間モテるために働いて稼ぐ、という面が大多数を占めると言っても過言ではないでしょう。

それなのにモテなくていいと思ってしまうのは、やはり働く欲求ですら削いでしまいます。

というわけで、ニートの方はもっとよく深くなりましょう。

仕事というのは自分の欲求を満たすために存在するのですから。

精神的な病気

精神的な病気が原因でニートになってしまうことも珍しいことではありません。

同調査にこのようなデータがあります。

今回の調査で、若者自立塾スタッフの所見によれば、約27%が何らかの精神的な問題を抱えていた。 また、今回の調査では把握されていないが、サポートステーションによってはこうした問題で医療への通院歴のある者が半数を超えている例もある。さらに、自立塾入所者の4分の1程度が、発達障害の疑いがあるとされている。

病気だから仕方ないと言いたいところなのですが、世間はそこまで甘くありません。

また懸念しなければならないことが一つあります。

それはニートになってから精神に問題が生じたのか、精神的な問題がニートにさせたのかわからないということです。

このことからニートは働けない自分を病気のせいにしてしまうことも考えられます。

しかし中には本当の病気の人もいるわけですから、見抜くことができないのはサポートする上で困難をきたすでしょう。

いずれにせよ脱ニートをしたいのなら、原因だけでなくそれらを改善する必要があります。

ニートは仕事に苦手意識を持っている

また仕事に苦手意識を持ったニートは非常に多いです。

具体的な苦手スキルは以下の通り。

「人に話すのが苦手」(6割強) を筆頭に、「手先が不器用」「計算が不得意」「字を書くのが不得意」など基礎的スキルの苦手意識である(これらは本人が感じているもの)。生活行動に関しても、面接、電話、対人関係 を苦手とする者が6割を超える。また、「周囲のやり方をみて仕事を覚えること」、「仕事で失敗を繰り返さない」、「仕事を覚える」のを苦手とする者も5割から6割に達している。これらのハンディが各段階で人間関係上のつまずきの原因となり、仕事を続けるうえで障害となっていることが想像される。

スキルに関してはこの通り基礎的なスキルばかり。

またニートの求める仕事像からも仕事が苦手ということを垣間見れます。

現在の仕事をやってみようとした時の判断 として、「仕事が難しくなさそう」「急がされない」「怒られない」というような印象をもって いたことがわかった。逆に言えば、「難しく、忙しく、厳しい」通常の就業環境では、少なくとも脱ニ一ト段階では極めて高いハードルであることを物語っている。

というわけでニートが社会復帰するには少しでも基本的なスキルを磨き、自信を回復させることが必要です。

結局はコミュニケーション能力の欠如が原因

ここまでいくつかあげてきましたがニートになってしまうのは、結局のところ人とのコミュニケーションに原因があると言えます。

一般的に就労に必要と思われる基礎的スキル6項目について苦手意識があるかを尋ねた。 「人に話すのが不得意」が64.4%と突出しており、対面コミュニケーションの苦手意識が目立つ。 26項目を挙げて就労に必要な生活行動の苦手意識を尋ねると、「面接に通る」(75.1%)、 「面接で質問に答える」(64.8%)、「職場で友達をつくる」(64.6%)、「上司から信頼される」 (64.1%)といった項目の苦手意識が目立つ。 一般的な対人関係を含め、コミュニケーションの苦手意識は今回調査されたニートの状態にある若者にかなり広く共通する特性である。

なぜコミュニケーションに問題が生じてしまうのか。

それは交友関係を自ら限定的に狭めているからです。

ニートには決して友達がいないわけではありません。

調査協力者の交友関係を見ると、非常に限定的で、高等学校以降にあっても小学校から中学校の頃の限られた数人とのつきあいに留まるとの報告が多くなされた

新たな出会いを求めないのです。

新しい出会いを求めないからこそ、コミュニケーション能力も下がる一方でしょう。

これぞまさにニートにおける根本的な問題です。

見知らぬ人と会話してうまくいくことは何より自信につながります。

そしてその自信が欲求を増幅させます。

そしてその欲求が働く意欲にも変わっていきます。

とにかくニートの対策として言えるのは、人とたくさん出会い会話すること。

人と出会わないと、だんだんと頭もおかしくなっていきます。

これは私の実体験です。

まずは人に出会いましょう。

スポンサーリンク

-ニートの原因

関連記事

プライドが高いのはニートの原因?

ニートの原因はいくつかありますが、「プライドが高い」というのも一つの理由です。 ...

ニートの原因は厚生労働省の調査でわかる

ニートの原因を探っていると、厚生労働省発表の興味深い調査インタビューを発見しまし ...

ニートの原因が精神障害などの病気であることも...

ニートの原因は数え切れません。 ただ一番ネガティブな原因としてあるのが精神障害な ...

優しい人間ほどニートになる

ニートの原因は様々ですが、優しい人間ほどニートになってしまう恐れもあります。 ニ ...

無欲だからニートになってしまうのだ

私はニートのようなものであって、ニートではありません。 なぜか。 それは欲求が限 ...

おすすめのニート脱出方法

まずはお気軽にご相談を